同一労働同一賃金に関する情報提供サイト

同一労働同一賃金に関する最新情報やお役立ち情報を提供しています0120-370-772


MENU

情報の部屋

同一労働同一賃金.com  >  情報の部屋  >  同一労働同一賃金の最新情報  >  関連情報  >  待遇格差訴訟、9月に最高裁弁論(共同通信社)

待遇格差訴訟、9月に最高裁弁論(共同通信社)

2020/07/30

東京メトロの子会社「メトロコマース」の元契約社員と、大阪医科大の元アルバイト職員が、正職員との待遇格差の是正を求めて起こした2件の訴訟で、最高裁第3小法廷は28日、上告審弁論をいずれも9月15日に開くと決めた。2件はそれぞれ、非正規職員に対する退職金と賞与の在り方が主な争点で、最高裁の判断が注目される。

【出所】 共同通信社 2020.7.28

【URL】 https://this.kiji.is/660763752715830369

<山口コメント>

いよいよ同一労働同一賃金に関して、注目の最高裁判決が下されることになりそうです。非正規社員(契約社員やパート・アルバイト)にも、家族手当、賞与、退職金は支払われるべきか? 待遇格差が争われている3つの裁判に対して、最高裁での弁論日程が9月に固まりました。メトロコマース社では「退職金」、大阪医科大学では「賞与」、更には日本郵便では「家族手当(扶養手当)」が焦点となります。3件とも同じタイミングに持ってきたのは、同一労働同一賃金問題について、最高裁として包括的な方針を示す意思表示でしょう。
もしも、3件とも「不合理な格差」であるとして、企業側完全敗訴となれば、特に小売・飲食業など非正規社員中心の業界は、大幅な人件費増を迫られることになります。コロナで瀕死の企業が多く、経済的な影響に最高裁が配慮するのかどうかも、要注目です。