同一労働同一賃金に関する情報提供サイト

同一労働同一賃金に関する最新情報やお役立ち情報を提供しています0120-370-772


MENU

情報の部屋

同一労働同一賃金.com  >  情報の部屋  >  同一労働同一賃金の最新情報  >  関連情報  >  契約社員に退職金なし、不合理と認めず 最高裁初判断 (日本経済新聞)

契約社員に退職金なし、不合理と認めず 最高裁初判断 (日本経済新聞)

2020/10/13

東京メトロ子会社の「メトロコマース」の元契約社員が退職金の支払いを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(林景一裁判長)は13日、同社側が退職金を支給しなかったことが「不合理な待遇格差」には当たらないと判断した。

【出所】日本経済新聞社(2020.10.13)

【URL】https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64929970T11C20A0000000/

  

<山口コメント> 
大阪医科大のアルバイト賞与に引き続き、メトロコマースの退職金についても、最高裁は
却下しました。「不合理な待遇格差ではない」という判断で、いずれも高裁判決を完全
否定したかたちになりました。
コロナ禍の企業経営環境にも幾分配慮したようにも感じますが、次のような疑問は拭えま
せん。

1.いずれも改正前の労働契約法20条が判断基準になっており、今年より改正された
  パート・有期労働法の「基本給、賞与その他の待遇のそれぞれで判断」という条文で
  争えば、今回と異なる結論となるのではないか。
2.厚労省のガイドラインに明記された「賞与が会社業績貢献で支給される場合、正社員
  と貢献が同一なら同一支給、一定の違いがあるなら相違に応じた支給をしなければな
  らない」という記述は、全く無視していいのか。
3.派遣社員の「労使協定方式」では、賞与、退職金まで盛り込んだ賃金額となるよう行
  政指導したこととは、矛盾しないのか。(派遣社員と契約社員、パート・アルバイト
  社員の新たな格差問題では。)
 
いずれにせよ、地裁→高裁→最高裁と、逆転に次ぐ逆転の判決となっており、今年4月から
の法改正に合わせて、非正規社員の「賞与」や「退職金」を整備した大企業は、元に戻す
のか。(今度は、不利益変更の問題が。また、改正後のパート・有期労働法で、訴訟を
起こされた場合のリスクは残ったまま。)

企業経営者や人事担当者にとっては、今回の最高裁判決は正直ホッとしたと思われる反面
悩みは継続するのではないでしょうか。