同一労働同一賃金に関する情報提供サイト

同一労働同一賃金に関する最新情報やお役立ち情報を提供しています0120-370-772


MENU

情報の部屋

同一労働同一賃金.com  >  情報の部屋  >  同一労働同一賃金の最新情報  >  関連情報  >  日本郵便の非正規社員の待遇格差 一部の手当などで違法 大阪高裁(毎日新聞)

日本郵便の非正規社員の待遇格差 一部の手当などで違法 大阪高裁(毎日新聞)

2019/01/25

日本郵便の契約社員8人が、手当や休暇制度について正社員と格差があるのは違法として、計約4200万円の支払いなどを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は24日、一部の手当などの格差を違法と判断し、計約430万円の賠償を命じた。中本敏嗣裁判長は、年末年始勤務手当などについて、契約社員の雇用期間が5年を超えるかどうかで格差の是非を判断する新しい基準を示した。

 

【出所】毎日新聞 2019.1.24

【URL】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000053-mai-soci

 

<山口コメント>

注目の扶養手当(家族手当)について、大阪地裁の『家族を養う負担は正社員と変わらず、格差があるのは不合理』という判断から一転、大阪高裁では『契約社員は、短期雇用が前提なので、格差があっても不合理ではない』ということになりました。また、契約期間が5年を超えるかどうかで、待遇格差の是非が異なるという、新基準も登場しました。今後、最高裁がどう結論づけるかですが、こうも裁判官によって判断根拠が異なると、企業は対応に困ります。おそらく、これで非正規社員への家族手当の適用は、『様子見』の会社が増えそうです。